不登校新聞

519号 2019/12/1

小学生の不登校は行き場がない、全国的な課題になってます

2019年11月29日 14:34 by shiko

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.19

 今回のテーマは「小学生の居場所」です。

 子どもが不登校になったあと「(学校の代わりになるような)居場所をどうするのか」ということは不登校支援の主要なテーマのひとつになっています。

 そして、とくに小学生の居場所が少ないということについては、全国的な課題だと思います。

 本紙前号に載っていた、不登校の小学生の保護者である岡﨑さんの話が印象に残っています。

 その記事には、住んでいる地域にフリースクールがまったくないこと、地方の選択肢のなさが書かれていました。

 私が住んでいる町でも同じです。児童館もなく、小さな町営図書室と学校復帰を念頭に置いた適応指導教室があるだけです。

 これでもましなほうで、それすらない自治体がたくさんあります。現実的な問題として、不登校の子どもの受けいれを想定した地域資源がそもそも少ないのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

535号 2020/8/1

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...