不登校新聞

519号 2019/12/1

小学生の不登校は行き場がない、全国的な課題になってます

2019年11月29日 14:34 by shiko

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.19

 今回のテーマは「小学生の居場所」です。

 子どもが不登校になったあと「(学校の代わりになるような)居場所をどうするのか」ということは不登校支援の主要なテーマのひとつになっています。

 そして、とくに小学生の居場所が少ないということについては、全国的な課題だと思います。

 本紙前号に載っていた、不登校の小学生の保護者である岡﨑さんの話が印象に残っています。

 その記事には、住んでいる地域にフリースクールがまったくないこと、地方の選択肢のなさが書かれていました。

 私が住んでいる町でも同じです。児童館もなく、小さな町営図書室と学校復帰を念頭に置いた適応指導教室があるだけです。

 これでもましなほうで、それすらない自治体がたくさんあります。現実的な問題として、不登校の子どもの受けいれを想定した地域資源がそもそも少ないのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

523号 2020/2/1

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

522号 2020/1/15

「不登校の親の特徴とは」現場で働く人から言えること

521号 2020/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...