不登校新聞

519号 2019/12/1

9年連続で「人間関係」がトップ、子どもからの電話相談

2019年11月29日 14:18 by kito-shin

 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」は8月15日、2018年度中の年次報告を取りまとめた。年次報告によると、相談内容は9年連続で「人間関係」がもっとも多かったことがわかった。

* * *

 2018年度に「チャイルドライン」が受けた電話の着信数は18万6363件。前年度と比べて1万2071件減少した。

 チャイルドラインにかけるために子どもが使用した端末は、スマートフォンを含む携帯電話が77・3%と過去最多を更新。

 一方でオンラインチャットの利用人数は延べ1万1021人と前年度より5310人増加した。

 チャイルドラインでは、総着信数18万件のうち、電話をかけてきた理由が判明した5万5185件を分析。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。