不登校新聞

519号 2019/12/1

9年連続で「人間関係」がトップ、子どもからの電話相談

2019年11月29日 14:18 by kito-shin

 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」は8月15日、2018年度中の年次報告を取りまとめた。年次報告によると、相談内容は9年連続で「人間関係」がもっとも多かったことがわかった。

* * *

 2018年度に「チャイルドライン」が受けた電話の着信数は18万6363件。前年度と比べて1万2071件減少した。

 チャイルドラインにかけるために子どもが使用した端末は、スマートフォンを含む携帯電話が77・3%と過去最多を更新。

 一方でオンラインチャットの利用人数は延べ1万1021人と前年度より5310人増加した。

 チャイルドラインでは、総着信数18万件のうち、電話をかけてきた理由が判明した5万5185件を分析。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...