不登校新聞

519号 2019/12/1

9年連続で「人間関係」がトップ、子どもからの電話相談

2019年11月29日 14:18 by kito-shin

 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」は8月15日、2018年度中の年次報告を取りまとめた。年次報告によると、相談内容は9年連続で「人間関係」がもっとも多かったことがわかった。

* * *

 2018年度に「チャイルドライン」が受けた電話の着信数は18万6363件。前年度と比べて1万2071件減少した。

 チャイルドラインにかけるために子どもが使用した端末は、スマートフォンを含む携帯電話が77・3%と過去最多を更新。

 一方でオンラインチャットの利用人数は延べ1万1021人と前年度より5310人増加した。

 チャイルドラインでは、総着信数18万件のうち、電話をかけてきた理由が判明した5万5185件を分析。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...