不登校新聞

520号 2019/12/15

かがり火

2019年12月11日 11:25 by kito-shin

 最近、少女の誘拐監禁事件が相次いで起こっている。いずれの事件も、携帯やスマホなどのSNSを通じて、巧妙に子どもを誘い出している。

 子どものほうも、家に居場所がないと感じていたり、自分は幸せでないと思っている印象がある。

 携帯やスマホの使い方にも注意が必要だが、親のほうも携帯やスマホを持つときには、きちんと親子で向き合って利用のルールを話し合っておくべきであろう。

 子どもの社会参加も考えながら、子どもと大人が対等にかかわり合うことで、おたがいの人間関係や信頼関係が築かれていくのではないか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。