不登校新聞

520号 2019/12/15

かがり火

2019年12月11日 11:25 by kito-shin

 最近、少女の誘拐監禁事件が相次いで起こっている。いずれの事件も、携帯やスマホなどのSNSを通じて、巧妙に子どもを誘い出している。

 子どものほうも、家に居場所がないと感じていたり、自分は幸せでないと思っている印象がある。

 携帯やスマホの使い方にも注意が必要だが、親のほうも携帯やスマホを持つときには、きちんと親子で向き合って利用のルールを話し合っておくべきであろう。

 子どもの社会参加も考えながら、子どもと大人が対等にかかわり合うことで、おたがいの人間関係や信頼関係が築かれていくのではないか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...