不登校新聞

520号 2019/12/15

かがり火

2019年12月11日 11:25 by kito-shin

 最近、少女の誘拐監禁事件が相次いで起こっている。いずれの事件も、携帯やスマホなどのSNSを通じて、巧妙に子どもを誘い出している。

 子どものほうも、家に居場所がないと感じていたり、自分は幸せでないと思っている印象がある。

 携帯やスマホの使い方にも注意が必要だが、親のほうも携帯やスマホを持つときには、きちんと親子で向き合って利用のルールを話し合っておくべきであろう。

 子どもの社会参加も考えながら、子どもと大人が対等にかかわり合うことで、おたがいの人間関係や信頼関係が築かれていくのではないか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...