不登校新聞

520号 2019/12/15

「多様な学び」の人材養成 不登校の歴史vol.520

2019年12月11日 11:30 by kito-shin

 フリースクール、オルタナティブスクール、不登校特例校、教育支援センターなど、一般の学校教育ではない教育課程でやっていく子が増えてきた状況のなか、必要とされるのは、子どもとかかわる“人”である。

 これらの機関に共通なのは「学習指導要領どおりでない」ということだ。一般の学校は、国が定めている学習指導要領にもとづいて、教師が教育を行なっている。

 教科書も学習指導要領にもとづいて検定され、授業時数、学習内容、学習レベルも学習指導要領にもとづき、多少の工夫をしているにすぎない。

 学習指導要領どおりでなく、別の学びをやっているとしたらそれを「多様な教育」と言わせてもらおう。

 多様な教育で育つ子をサポートする人材はこれまでの教員養成では合わない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...