不登校新聞

520号 2019/12/15

長くひきこもりだった私がサンタクロースになって募る思い

2019年12月12日 12:13 by kito-shin

 クリスマスが近いことだし、ひきこもりだった私がサンタになった話でもしようか。

 あれは去年のアルバイト先でのことだ。私は図書館の仕事に就いており、普段は関わりのない児童書担当の人に呼ばれた。

 聞けば、12月の絵本のお話し会があり、サンタ役の男性を探しているという。

 ガリガリに痩せた元ひきこもりにサンタのオファーを出すとは、日本の人手不足も深刻なものだ。

 クリスマスにシフトを入れられる男性が、私くらいしかいなかったせいかもしれない。

 サンタといってもたいした仕事ではなく、おはなし会のあとでトナカイ役の女性と一緒に出て行き、ツリーの飾りを子どもたちに配ればよいという。

 断るほどの理由もないので引き受けたが、思いのほか大変な目にあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...