不登校新聞

520号 2019/12/15

長くひきこもりだった私がサンタクロースになって募る思い

2019年12月12日 12:13 by kito-shin

 クリスマスが近いことだし、ひきこもりだった私がサンタになった話でもしようか。

 あれは去年のアルバイト先でのことだ。私は図書館の仕事に就いており、普段は関わりのない児童書担当の人に呼ばれた。

 聞けば、12月の絵本のお話し会があり、サンタ役の男性を探しているという。

 ガリガリに痩せた元ひきこもりにサンタのオファーを出すとは、日本の人手不足も深刻なものだ。

 クリスマスにシフトを入れられる男性が、私くらいしかいなかったせいかもしれない。

 サンタといってもたいした仕事ではなく、おはなし会のあとでトナカイ役の女性と一緒に出て行き、ツリーの飾りを子どもたちに配ればよいという。

 断るほどの理由もないので引き受けたが、思いのほか大変な目にあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

私をいじめていた「あの子」に15年ぶりに会って感じたこと

541号 2020/11/1

「不登校だからうまくいかない」私の意識が変わったきっかけは

540号 2020/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...