不登校新聞

520号 2019/12/15

長くひきこもりだった私がサンタクロースになって募る思い

2019年12月12日 12:13 by kito-shin

 クリスマスが近いことだし、ひきこもりだった私がサンタになった話でもしようか。

 あれは去年のアルバイト先でのことだ。私は図書館の仕事に就いており、普段は関わりのない児童書担当の人に呼ばれた。

 聞けば、12月の絵本のお話し会があり、サンタ役の男性を探しているという。

 ガリガリに痩せた元ひきこもりにサンタのオファーを出すとは、日本の人手不足も深刻なものだ。

 クリスマスにシフトを入れられる男性が、私くらいしかいなかったせいかもしれない。

 サンタといってもたいした仕事ではなく、おはなし会のあとでトナカイ役の女性と一緒に出て行き、ツリーの飾りを子どもたちに配ればよいという。

 断るほどの理由もないので引き受けたが、思いのほか大変な目にあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...