不登校新聞

520号 2019/12/15

母が「変わった」とわかった日、不登校だった私が見てきたこと

2019年12月12日 12:09 by kito-shin
















【解説】
 子どもから見て「親が変わった瞬間」を描いてもらいました。もっと言えば、子どもから見て「親は私の味方だ」と感じられた瞬間です。

 親の行動である「不登校を隠さないこと」「外へ連れ出すこと」は大事なポイントではありません。言葉ではなく『特別扱いしない視線』が本人とってはうれしかったわけです。

 周囲から見れば、学校へ行かず、不登校の子が集まるフリースクールも行かず、ますますひきこもってしまうのでは、と不安になる例だとは思います。

 でも、モデルとなった女性は、母との「ふつうの関係」を取り戻し、現在は心理学を学ぶため大学へと通っています。(東京編集局・石井志昂)

【プロフィール】
(たなぞの・しょういち)
82年生まれ。名古屋市在住。小1より不登校をし、義務教育期間はほとんど学校へ通わなかった。漫画家として、『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)、『マジスター 見崎先生の病院訪問授業』(小学館)などを執筆。

関連記事

学校へ行けない私を支えたのは、トイレにこもっている時間でした

519号 2019/12/1

「息子がやっと笑顔になった」父親が歩んできたわが子の不登校

518号 2019/11/15

中学生で自殺未遂までした私を支えてくれた親の一言

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...