不登校新聞

520号 2019/12/15

「息子をがんばらせすぎたのかも」方針を見失った私への夫の助言

2019年12月12日 12:09 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.11

 運動会、がんばって乗り越えたら自信につながるかもしれないと、精いっぱいのサポートをしながら嫌がる息子のたけるの背中を押してきました。

 けれども出場した結果は、期待とは正反対の方向でした。

 「幼稚園へ行きたくない」と言って布団から出ようとしないたける。その姿を見た夫は「あのころの自分と同じ……」、そう思いました。

 夫が学校へ行けなくなったのは中学3年のときのことでした。

 「どうして幼稚園へ行かなければいけないの?」とたけるは私に問います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

だから私は「子どもの安心基地」をつくっていきたい

526号 2020/3/15

将来の夢は「家で仕事する人」、息子の答えが素敵だと思った理由

525号 2020/3/1

息子が教えてくれたママが自分らしく生きる必要性

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...