不登校新聞

521号 2020/1/1

不惑を迎える私が97歳の祖父と焼肉へ行ったとき

2019年12月26日 11:23 by kito-shin

 今年、私は40歳になる。ふり返れば、10代のころは私の人生における「暗黒期」だった。

 先生とソリが合わず、勉強もせず、学校を抜け出しては音楽に没頭する日々。その後、大学受験に失敗。「○○学校の生徒」という肩書を失った自分が「不安定な存在」に思えてならなかった。

 先日、祖父とふたりだけで食事をした。「もうじき不惑だ」「こっちは97歳だぞ」と、談笑しながらすごす時間は、なんとも穏やかなひとときだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。