不登校新聞

521号 2020/1/1

不惑を迎える私が97歳の祖父と焼肉へ行ったとき

2019年12月26日 11:23 by kito-shin

 今年、私は40歳になる。ふり返れば、10代のころは私の人生における「暗黒期」だった。

 先生とソリが合わず、勉強もせず、学校を抜け出しては音楽に没頭する日々。その後、大学受験に失敗。「○○学校の生徒」という肩書を失った自分が「不安定な存在」に思えてならなかった。

 先日、祖父とふたりだけで食事をした。「もうじき不惑だ」「こっちは97歳だぞ」と、談笑しながらすごす時間は、なんとも穏やかなひとときだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...