不登校新聞

521号 2020/1/1

不登校特例校として全国初の私立小学校設立へ

2019年12月26日 11:22 by kito-shin

 今春4月、不登校特例校としては全国初の私立小学校が開校することになった。

 不登校特例校というのは、不登校の子どもの成長支援を目的に設置される学校で、一般の学校が学習指導要領に基づく教育課程でやっていくことに対し、特別の教育課程を編成することができる。

 現在、公私立合わせて12校あったが、そのなかには本紙でも報道した「東京シューレ葛飾中学校」も入っている。

 「子どもが創る子どもと創る」をモットーに、学校に子どもを合わせようとするのでなく、子どもに合わせて創る学校である。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...