不登校新聞

521号 2020/1/1

不登校特例校として全国初の私立小学校設立へ

2019年12月26日 11:22 by kito-shin

 今春4月、不登校特例校としては全国初の私立小学校が開校することになった。

 不登校特例校というのは、不登校の子どもの成長支援を目的に設置される学校で、一般の学校が学習指導要領に基づく教育課程でやっていくことに対し、特別の教育課程を編成することができる。

 現在、公私立合わせて12校あったが、そのなかには本紙でも報道した「東京シューレ葛飾中学校」も入っている。

 「子どもが創る子どもと創る」をモットーに、学校に子どもを合わせようとするのでなく、子どもに合わせて創る学校である。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...