不登校新聞

521号 2020/1/1

登園をしぶる息子の「これから」が見えた2人だけの川遊び

2019年12月25日 11:57 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.12

 たけるは、以前には戻れないことが感じられるようになっていました。

 それでも、幼稚園での「川遊び」は楽しみにしていましたので、私は、先生と保護者で行なわれる、川の草刈りや掃除の作業に参加しました。

 川遊びまでの数日、たけるはもう幼稚園には行かなくなっていました。

 川遊び当日。

 「やっぱりどうしようかな……」、たけるは気持ちも身体も向かいません。

 楽しみだけど、全校生徒参加という大人数での行事なのがブレーキをかけるのでしょう。

もう疲れて心が折れそう

 じつは私も、もう疲れていて、どこかで何かがポキッと折れそう。ことあるごとに、ひとつひとつつまずく。サポートしてもダメなものはダメ。

 たけるの場合はわかりやすく体調に出るし、笑顔が消え失せている。突き放せば深刻なダメージを抱えたり、信頼関係に亀裂が生じてしまうかもしれない。

 あると思っていた道が今、見えなくなっている。たけると話してみました。

私「川遊びは無理に行かなくていいし、エビとか採りたいんだったら参加するし。ママは本当にどっちでもいいんだ」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

息子が教えてくれたママが自分らしく生きる必要性

524号 2020/2/15

初登園から3カ月後、幼稚園を辞めることにしました

523号 2020/2/1

家族全員が明るくなった義務教育の「義務」の意味

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...