不登校新聞

521号 2020/1/1

小6から学校を休みがちに、そのとき私が考えていたこと

2020年01月21日 14:47 by kito-shin

 今回は川崎春菜さん(仮名・30歳)にお話をうかがった。不登校やひきこもりなどでつらい時期もあったが、現在は少しずつ気持ちが変わってきたという。

* * *

ふつうに憧れて

――不登校はいつから?

 小6からです。4月から始まったいじめがきっかけで休みがちになり、行ったり行かなかったりをくり返しました。12月には「3学期になったらちゃんと行くから」と親に言いましたが、いざ始まると1日か2日で行けなくなってしまって。

 それでも今度は「中学になったら絶対行くから」と言っていました。自分でもそうありたいと思っていたし、家族にも心配をかけたくなかったんです。でも結局、中学校は入学式しか行けませんでした。

 たびかさなる私の「裏切り」に親は怒りました。父には「最低だな」と言われ、母には「もうお母さん、死にたいよ」と言われました。家族中がパニック状態でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...