不登校新聞

522号 2020/1/15

かがり火

2020年01月14日 10:36 by kito-shin

 正月寄席の桂文珍の小話で「年越しの除夜の鐘は百八つですが今年は百七つであとのひとつはどうしたんでしょう。あとの一つは海外でゴーン」。

 ゴーンは英語「gone」(行ってしまった)の洒落でもある。いま日本の平和憲法さえ脅かされる世情に、除夜の鐘によって金の欲、支配欲のけがれを人々の心からゴーンと取り除き、子どもにも大人にも平和と安心、幸福が保たれるよう祈るばかりである。

 2020年の数字はフレーフレーと読める。英語の「hurray」がフレーフレーの語源で、応援の呼びかけの言葉だそうだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...