不登校新聞

522号 2020/1/15

かがり火

2020年01月14日 10:36 by kito-shin
2020年01月14日 10:36 by kito-shin

 正月寄席の桂文珍の小話で「年越しの除夜の鐘は百八つですが今年は百七つであとのひとつはどうしたんでしょう。あとの一つは海外でゴーン」。

 ゴーンは英語「gone」(行ってしまった)の洒落でもある。いま日本の平和憲法さえ脅かされる世情に、除夜の鐘によって金の欲、支配欲のけがれを人々の心からゴーンと取り除き、子どもにも大人にも平和と安心、幸福が保たれるよう祈るばかりである。

 2020年の数字はフレーフレーと読める。英語の「hurray」がフレーフレーの語源で、応援の呼びかけの言葉だそうだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

624号 2024/4/15

『不登校新聞』のおすすめ

623号 2024/4/1

編集後記

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…