不登校新聞

522号 2020/1/15

家族全員が明るくなった義務教育の「義務」の意味

2020年01月14日 12:22 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.13

 息子のたけるの心が幼稚園から離れ、もう元には戻らないことを感じたとき、私は、ふつうとはちがう、何か別の方法を模索しようとしていました。

 そんなとき、取り寄せていた本が届きました。ホームスクールで子どもを育てている方の本でした。

 その本には、学校へ行かない選択をしたいきさつや、その後の生活について綴ってあります。

 目から鱗でした。

 1ページ、1ページと開くたびに触れる、これまで概念になかった考えや生き方に、希望が満ちてきます。

 むさぼるように、一気に読み進めました。

 そして私は夫に伝えました。

 「パパ! 私ね、たけるはもう幼稚園に行かなくてもいいと思った。幼稚園だけじゃない。たけるが進むのは、学校という道じゃないかもしれないって思ったの」。

 夫の目がとっても大きくなりました。そして、真剣ななかにも安心したような表情になりました。

 夫はすぐに、教育の制度について調べ始めました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

登園をしぶる息子の「これから」が見えた2人だけの川遊び

521号 2020/1/1

「息子をがんばらせすぎたのかも」方針を見失った私への夫の助言

520号 2019/12/15

「ここを乗り越えたら成長する」背中を押された息子が見せた表情

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...