不登校新聞

522号 2020/1/15

不登校からの進学問題、精神保健士が大事にする原則

2020年01月14日 12:18 by kito-shin

連載「不登校・ひきこもりの家族が迎える5つの関門」vol.6

 バイステックの原則②「クライエントの感情表現を大切にする」と原則③「援助者は自分の感情を自覚して吟味する」を踏まえて、子どもと関わることで親子関係はとても安定し、良好なものになります。

 しかし、その先に関門が待ちかまえています。その代表例が「進路問題」です。とくに中学生も後半になると、高校進学をどうするかで家族は大きく揺れます。

不登校からの進学問題

 バイステックの原則を一言で言えば「受容」です。しかし、不登校やひきこもりでもそれが難しいのは「みんなと同じようにしてほしい」という親の気持ちではないでしょうか。

 その発想が高校進学を考える際にとくに強くなり、進路指導をする学校もまた、なんとか高校へ入学させたいと願います。

 それも無理はありません。高校への進学率はいまや98%以上にものぼり、進学できないと「おしまい」と考えてしまう現実があるからです。

 しかし、本当にそうでしょうか。高校進学への思い込みをいったん捨てて「15歳の春にかならず高校へ行く必要はない」と考えられたら、子どもも家族も元気になって親子関係が回復していくという話がじつに多いのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が元気にならない親の「学校オーラ」

521号 2020/1/1

不登校の親にとっての最大の試練、元気になりつつある子への対応は

520号 2019/12/15

「不登校の原因はどこにある?」その対応が子どもを追いつめる

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...