不登校新聞

522号 2020/1/15

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

2020年01月14日 12:18 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.22

 今回は、子どもに「『ふつう』になりたい」と言われたら、というテーマです。年が明けたころから進路の相談が増えてきます。

 たとえば、新しい環境に希望を抱いて、笑顔とともに「『ふつう』に進学したい」と言う子がいる一方で、周囲からの「どうするの?」という強いプレッシャーに押され、つらい顔で「行けるものなら『ふつう』に学校へ行きたい」と答える子も少なくないように思います。

 そんな「ふつう」という言葉をいったいどう捉えたらよいのでしょうか。いずれにしても、保護者としてその言葉を素直に受けとってよいものか悩んでしまいます。

 不登校の特徴の一つに「不安」があります。不登校になってしまうことで、これからどうなるかわからないことへの不安です。

 その不安は学校へ行っていたときにはなかったし、また行けるようになったら、その不安は消えるかもしれない。だから、わかりやすくて安心できるかもしれない「ふつう」を求めるのだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...