不登校新聞

522号 2020/1/15

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

2020年01月14日 12:25 by kito-shin

 ひきこもり。この言葉に、みなさんはどんなイメージを持っているでしょうか。

 「自室に閉じこもってまったく外出しない」

 「自分の世界に閉じこもっている」。

 そんなネガティブなイメージを抱いている方も少なくないと思います。昨年、神奈川県川崎市と東京都練馬区で起きた事件の報道を受け、ひきこもりに対する世間の眼はさらに厳しくなったように感じられます。

 本書はそのひきこもりについて、当事者の声を聞くことを念頭においた取材に基づくルポルタージュです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「発達障害」の入門書、2人の児童精神科医が簡潔に解説【書籍紹介】

526号 2020/3/15

法の成立1年後 不登校の歴史vol.526

526号 2020/3/15

かがり火

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...