不登校新聞

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

2020年01月14日 12:26 by kito-shin

 2019年9月、千葉県の幕張メッセで行われたゲームの祭典「東京ゲームショウ」に子ども若者編集部員のメンバーとともに取材に行ってきた。

 東京ゲームショウとは、毎年秋に幕張メッセで行われるゲームの総合展示会で、ゲーム業界のお祭りのようなものだ。開催日4日間のうちで私たちは、ビジネスデイの日に参加してきた。

 ビジネスデイとは、業界関係者かメディア関係者だけにもうけられた特別な開催日で、一般開放日よりも参加人数が少なく、短い待ち時間で新作ゲームの試遊が出来たり、会場内を楽しむ事ができるようになっている。

 受付を済ませ会場内に入ると、様々なゲーム会社のブースが広がっていて、各会社でゲームの世界観が忠実に再現されていた。

 私は数あるゲームの中で、以前から気になっていた「バイオハザード」というホラーアドベンチャーゲームを選んで列に並んだ。

 空気銃を使ったゲームは、思った以上に難しくてすぐにゲームオーバーになってしまったけれど、スタッフさんからは「お姉さん、筋いいですよ」と言われ、楽しくプレーすることができた。

 一通り会場を見て回り、終了時間も迫ってきたので私はそろそろ帰ろうと出口に足を運んだそのとき、突然通りすがりの一人の男性に目線がいった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。