不登校新聞

523号 2020/2/1

かがり火

2020年01月28日 11:51 by kito-shin

 成人年齢が20歳から18歳に引き下げられ、大人と子どもの境界線が難しくなった。

 この年齢のあいだには、高校や大学という時期をすごす人もあり、美術館や博物館などの入館料も、高校生と大学生で異なる場合も生じてくる。

 子どもが成長して、ある年齢になるとすぐに大人になるというのではなく、それぞれのステップを踏んで大人になっていくというのは、むしろ望ましいことではないか。

 これこそが人に成るということかもしれない。子どもも大人も毎日人間として成長する日々をすごしている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...