不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

2020年01月28日 11:53 by kito-shin
2020年01月28日 11:53 by kito-shin

 「普通教育機会確保法」の成立前後は、不登校についての取り組みに対するふり返りも自然にあちこちで行なわれることになった。

 それをもっともはっきりした形で開催したのは、「不登校調査50年、日本社会は不登校をどう見てきたか?」の集会であろう。

 文科省は、学校を休む生徒がどれくらいいるかの把握については、1951年より長欠児調査を行ない始め、年50日以上欠席をくくり出していた。

 そのうち現在の学校基本調査が始まり、病気や経済的理由を除く「学校ぎらい」をくくり出し発表し始めたのが1966年であった。

 「普通教育機会確保法」が成立した2016年は奇しくも、調査を始めて50年たったときであった。

 50年とは長い月日である。一世紀の半分の時間が経過したのである。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

595号 2023/2/1

編集後記

595号 2023/2/1

『不登校新聞』のおすすめ

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…