不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

2020年01月28日 11:53 by kito-shin

 「普通教育機会確保法」の成立前後は、不登校についての取り組みに対するふり返りも自然にあちこちで行なわれることになった。

 それをもっともはっきりした形で開催したのは、「不登校調査50年、日本社会は不登校をどう見てきたか?」の集会であろう。

 文科省は、学校を休む生徒がどれくらいいるかの把握については、1951年より長欠児調査を行ない始め、年50日以上欠席をくくり出していた。

 そのうち現在の学校基本調査が始まり、病気や経済的理由を除く「学校ぎらい」をくくり出し発表し始めたのが1966年であった。

 「普通教育機会確保法」が成立した2016年は奇しくも、調査を始めて50年たったときであった。

 50年とは長い月日である。一世紀の半分の時間が経過したのである。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...