不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

2020年01月28日 12:05 by motegiryoga


小島佑依里さん(左)と企画者・さゆりさん(右)

 こんにちは。子ども若者編集部のさゆりと申します。私は『不登校新聞』でぜひインタビューしたい人がいました。

 小島佑依里(ゆいり)さんという方で、ツイッターなどSNSで10代の相談を受けるなどの活動をされています。この活動がすばらしいと思った私は取材企画者となり、今回念願かなってインタビューをすることができました。

 取材の場でも、小島さんは私の本音の悩みに真摯に応えてくださいました。お読みいただければうれしいです。

* * *

――私は小学5年~6年生のときにいじめを受けました。そのことは今でもトラウマで、人目を気にしてやりたいことができないこともあります。いじめてきた人に対して「許せない」という気持ちもあるのですが、過去にとらわれすぎては何もできなくなってしまう。どうやって向き合えばいいと思いますか?

 率直に言えば、いじめには向き合わないでいいし、いじめてきた人とは今後いっさい関わらなくていいと、私は思います。

私も小学校6年生~中学校2年生のとき、いじめを受けました。所属していたテニス部にはリーダー的な女の子がいて、その子のグループに入っていない人が順番にいじめられていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...