不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

2020年01月28日 12:05 by motegiryoga
2020年01月28日 12:05 by motegiryoga


小島佑依里さん(左)と企画者・さゆりさん(右)

 こんにちは。子ども若者編集部のさゆりと申します。私は『不登校新聞』でぜひインタビューしたい人がいました。

 小島佑依里(ゆいり)さんという方で、ツイッターなどSNSで10代の相談を受けるなどの活動をされています。この活動がすばらしいと思った私は取材企画者となり、今回念願かなってインタビューをすることができました。

 取材の場でも、小島さんは私の本音の悩みに真摯に応えてくださいました。お読みいただければうれしいです。

* * *

――私は小学5年~6年生のときにいじめを受けました。そのことは今でもトラウマで、人目を気にしてやりたいことができないこともあります。いじめてきた人に対して「許せない」という気持ちもあるのですが、過去にとらわれすぎては何もできなくなってしまう。どうやって向き合えばいいと思いますか?

 率直に言えば、いじめには向き合わないでいいし、いじめてきた人とは今後いっさい関わらなくていいと、私は思います。

私も小学校6年生~中学校2年生のとき、いじめを受けました。所属していたテニス部にはリーダー的な女の子がいて、その子のグループに入っていない人が順番にいじめられていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

生きるとは夢中を探すこと 歌人・俵万智が子どもたちへ届けたい思い

586号 2022/9/15

あざや傷あと「見た目問題」から考える自分に合った生き方とは

574号 2022/3/15

わが子の不登校悩んだ末に見つけた日常をゆるっとすごすコツとは

573号 2022/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…