不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校した19歳がインタビュー、いじめとの向き合い方教えて

2020年01月28日 12:05 by motegiryoga


小島佑依里さん(左)と企画者・さゆりさん(右)

 こんにちは。子ども若者編集部のさゆりと申します。私は『不登校新聞』でぜひインタビューしたい人がいました。

 小島佑依里(ゆいり)さんという方で、ツイッターなどSNSで10代の相談を受けるなどの活動をされています。この活動がすばらしいと思った私は取材企画者となり、今回念願かなってインタビューをすることができました。

 取材の場でも、小島さんは私の本音の悩みに真摯に応えてくださいました。お読みいただければうれしいです。

* * *

――私は小学5年~6年生のときにいじめを受けました。そのことは今でもトラウマで、人目を気にしてやりたいことができないこともあります。いじめてきた人に対して「許せない」という気持ちもあるのですが、過去にとらわれすぎては何もできなくなってしまう。どうやって向き合えばいいと思いますか?

 率直に言えば、いじめには向き合わないでいいし、いじめてきた人とは今後いっさい関わらなくていいと、私は思います。

私も小学校6年生~中学校2年生のとき、いじめを受けました。所属していたテニス部にはリーダー的な女の子がいて、その子のグループに入っていない人が順番にいじめられていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

嫌なことはしないで生きる「レンタルなんもしない人」の覚悟

524号 2020/2/15

「スクールロイヤー」とは何か 弁護士に聞く制度の課題と展望

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。