不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

2020年01月28日 12:03 by kito-shin

 「子ども若者編集部」とは、不登校・ひきこもりの当事者・経験者でつくる編集部のこと。インタビュー企画や、本紙5面の企画をつくっています。

 編集部メンバーは毎月1回集まり、編集会議を行なっています。毎回15名~20名程度のメンバーが「取材したい人」、「みんなと話し合いたいこと」などを出し合い、検討しています。

 メンバーはいつでも募集中です。『不登校新聞』で記事を書きたい人や、自分の経験を誰かに伝えたい人は、下記まででご連絡ください。

 不登校・ひきこもりを経験したみなさんの体験や思いこそ、『不登校新聞』にとって欠かせない「宝」です。いっしょに新聞をつくってみませんか?

次回の子ども若者編集会議

日にち 2月16日(日)
    ※毎月第3日曜日開催
時 間 午後1時~午後5時
会 場 文京福祉センター江戸川橋地域活動室B
    (東京都文京区小日向2-16-15 文京総合福祉センター4F)
最寄駅 東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅4番出口より徒歩4分
連絡先 TEL:03-6912-0981(茂手木)
    メール tokyo@futoko.org
備 考 初参加者は12時15分より説明会
    親などの付き添い同伴可

関連記事

全国の相談先「親の会」定例会情報と不登校・ひきこもりのイベント情報

538号 2020/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

538号 2020/9/15

全国の相談先「親の会」定例会情報と不登校・ひきこもりのイベント情報

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...