不登校新聞

523号 2020/2/1

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

2020年01月28日 12:24 by kito-shin


喜久井ヤシンさん

 不登校の親へのアドバイスとして、「子どもを信じて待つ」ということがよく言われる。執筆者の喜久井ヤシンさん(32歳)は、不登校中、実際に親御さんに「待たれた」経験があるという。そんな喜久井さんに、今回は子どもの側から見た「待つこと」の意味を書いてもらった。

* * *

 「不登校」の子を持つ親へのアドバイスで、「待つ」ということがよく言われる。しかしこれほど実践が難しいこともないと思う。

 小学2年生のころ私がガッコウへ行かなくなってから、母は基本的に急かす態度ではなかった。登校への刺激を控えて、小言を言うのをガマンしていたように思える。

 しかし実際のところは、ぜんぜん待てていなかった。私がガッコウに「行く」と言えば喜び、朝になって「やっぱり行けない」となればあきらかにがっかりしていた。私にとってはその反応があるだけで急かされていたようなものだ。

 本当の意味で「待つ」というのは、子どもが親の望みどおりになることを「待つ」のではないだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...