不登校新聞

523号 2020/2/1

初登園から3カ月後、幼稚園を辞めることにしました

2020年01月30日 12:17 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.14

 笑顔や覇気が消え、幼稚園から心が離れて登園しなくなった息子のたけるにとって、どのような選択が最善であるか。

 親も子も、それはもうわかっていて、それでも何度もおたがいの意志を確認し合い、そしてその意志は一致して変わらないことを確認しました。

 幼稚園を辞めよう。そして、その後の小学校という、誰もが通らなければならないと思っていた道から外れる選択をしよう。

 自分たちで選んだ生き方に、自分たちで責任を持って生きて行こう。

 家族で、そう決断したのでした。

 担任の先生と園長先生(小学校校長の兼任者)に、幼稚園を辞める決断と、その経緯について、手紙に記しました。

 幼稚園にさよならする日。校長先生との面談で、今後の関わりについて、細かいところまで決めました。小学校には入学しないといっても、籍だけは置かれるからです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

息子が教えてくれたママが自分らしく生きる必要性

524号 2020/2/15

家族全員が明るくなった義務教育の「義務」の意味

522号 2020/1/15

登園をしぶる息子の「これから」が見えた2人だけの川遊び

521号 2020/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...