不登校新聞

523号 2020/2/1

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

2020年01月28日 12:39 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.23

 今回は、「不登校対応の指針をひとつだけ伝えるとしたら」というテーマです。不登校の保護者に向けて、どうしても伝えておきたいことをひとつだけあげるとしたら、それはどんなことか、と不登校の支援にかかわる方からご質問いただきました。

 私が活動の基本にしていることは、「子どもを信じる」ということです。このこと自体は、昔から多くの著名な方が言っています。

 最近では教育評論家の尾木直樹さんも、ある番組のなかで「子どもの成長を信じる」とお話されていました。

 一般的には、大事なことは子どもを「わかる」ことだ、と言われます。もちろんその通りだと思いますが、目に見える結果だけがすべてではありません。

 子どもだって保護者だけには知られたくないことがあるはずですし、わからないことも大事なのだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの「社会的自立」のために大切にしたい2つのこと

546号 2021/1/15

不登校からの進学、親として考えるべきポイントは

545号 2021/1/1

「学校へ行きたいけど行けない」子どもの訴えを受けとめるコツ

544号 2020/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...