不登校新聞

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

2020年02月14日 16:33 by kito-shin


瀧本裕喜さん(撮影・堀田純)

 「ひきこもったことは言わないほうがいいよ」。友人にそう言われモヤモヤしたひきこもり経験者の瀧本裕喜さん。「ひきこもりその後」の葛藤を書いていただいた。

* * *

 ひきこもりはつらい。しかし、ひきこもりから社会に出たあとも、社会のひきこもりに対する無理解から、何度もつらい経験をしてきた。今回はそのことを書こうと思う。

 僕は、18歳から25歳のあいだ、7年間ひきこもっていた。その後「このままではいけない」と思い、社会復帰するためにアルバイトの面接を受けた。

 履歴書にできた空白を見て「どうすごされていたんですか?」と質問された。7年ひきこもったことを正直に打ち明けると、面接官はおどろいて、目をそらし、僕と顔をまったく合わせなくなった。

 「本当に7年ひきこもっていたんですか?」と何度も質問され、結局バイトは落とされた。ほかのバイト面接でも同じ質問をくり返し受けた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...