不登校新聞

524号 2020/2/15

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

2020年02月14日 16:35 by kito-shin


社会学者・関水徹平

 ひきこもり問題とは「どう乗り越えるべき問題」なのだろうか。社会学の観点から関水徹平・立正大学准教授に執筆いただいた。

* * *

 日本社会では、さまざまな生きづらさ・働きづらさ(うつ、貧困、発達障害など)を抱えた人たちが、家族をよりどころにせざるを得ない社会が、政策的に形成されてきました。

 それは「日本型福祉社会」という政策です。この政策は、オイルショック以降、1970年代に提唱されました。

 国民の生活保障にとって重要な所得保障とケア提供のうち、所得保障は企業(男性正社員)に、ケア提供は家族(女性の専業主婦)に割り当てるものです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出できる「ひきこもり」は9割、議論されない問題の核心

523号 2020/2/1

学校教育って何? 「教育」の逆転【論説】

191号(2006.4.1)

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...