不登校新聞

524号 2020/2/15

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

2020年02月14日 16:35 by kito-shin


社会学者・関水徹平

 ひきこもり問題とは「どう乗り越えるべき問題」なのだろうか。社会学の観点から関水徹平・立正大学准教授に執筆いただいた。

* * *

 日本社会では、さまざまな生きづらさ・働きづらさ(うつ、貧困、発達障害など)を抱えた人たちが、家族をよりどころにせざるを得ない社会が、政策的に形成されてきました。

 それは「日本型福祉社会」という政策です。この政策は、オイルショック以降、1970年代に提唱されました。

 国民の生活保障にとって重要な所得保障とケア提供のうち、所得保障は企業(男性正社員)に、ケア提供は家族(女性の専業主婦)に割り当てるものです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの命を奪った「風の子事件」から見える、現代社会への問い

557号 2021/7/1

他者との「ちがい」から考える、自尊感情を高める教育とは

557号 2021/7/1

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...