不登校新聞

525号 2020/3/1

かがり火

2020年02月27日 10:52 by kito-shin

 新型コロナウィルスの不気味な広がりのニュースが朝から晩までくり返されるなかで、それ以上にやりきれない思いになった小さなニュースがあった。

 2月10日(月)家を追い出された小学6年の女の子が一人で歩いて、未だ夜も明けぬ最も気温が下がる午前3時30分ころ「神戸こども家庭センター」(児童相談所)の入口に来て小さな手でインターホンを押して救いを求めたという。

 しかし当直の男性職員は「家を追い出された」と言っている彼女にインターホンで「警察に相談しなさい」と指示した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...