不登校新聞

525号 2020/3/1

迷いながらの保健室登校を経て、今の私が思うこと

2020年02月28日 11:36 by kito-shin
2020年02月28日 11:36 by kito-shin

 今回執筆したのは、中学3年生のゆらさん。約1年半の保健室登校を通して、揺れ動いた自身の気持ちを書いていただいた。

* * *

 私は、中学2年生の夏に同じ部活に入っていたメンバー全員からいじめを受けて、教室に入れなくなりました。

 教室のことを考えると腹痛や身体の震えが起きるようになってしまったのです。加えて私の気持ちを理解してくれない先生たちへの不信感などもあり、中学3年生で受験生になった今でも保健室登校をしています。

 そんな私には悩みの種がありました。私は教室へ行くほうがよいのか、行かなくてもよいのか、どちらが自分にとって正解なのかずっとわからなかったのです。

 約1年半の保健室登校をしているあいだ、私はつねにこの二択に悩んできました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…