不登校新聞

525号 2020/3/1

迷いながらの保健室登校を経て、今の私が思うこと

2020年02月28日 11:36 by kito-shin

 今回執筆したのは、中学3年生のゆらさん。約1年半の保健室登校を通して、揺れ動いた自身の気持ちを書いていただいた。

* * *

 私は、中学2年生の夏に同じ部活に入っていたメンバー全員からいじめを受けて、教室に入れなくなりました。

 教室のことを考えると腹痛や身体の震えが起きるようになってしまったのです。加えて私の気持ちを理解してくれない先生たちへの不信感などもあり、中学3年生で受験生になった今でも保健室登校をしています。

 そんな私には悩みの種がありました。私は教室へ行くほうがよいのか、行かなくてもよいのか、どちらが自分にとって正解なのかずっとわからなかったのです。

 約1年半の保健室登校をしているあいだ、私はつねにこの二択に悩んできました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

550号 2021/3/15

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...