不登校新聞

525号 2020/3/1

迷いながらの保健室登校を経て、今の私が思うこと

2020年02月28日 11:36 by kito-shin
2020年02月28日 11:36 by kito-shin

 今回執筆したのは、中学3年生のゆらさん。約1年半の保健室登校を通して、揺れ動いた自身の気持ちを書いていただいた。

* * *

 私は、中学2年生の夏に同じ部活に入っていたメンバー全員からいじめを受けて、教室に入れなくなりました。

 教室のことを考えると腹痛や身体の震えが起きるようになってしまったのです。加えて私の気持ちを理解してくれない先生たちへの不信感などもあり、中学3年生で受験生になった今でも保健室登校をしています。

 そんな私には悩みの種がありました。私は教室へ行くほうがよいのか、行かなくてもよいのか、どちらが自分にとって正解なのかずっとわからなかったのです。

 約1年半の保健室登校をしているあいだ、私はつねにこの二択に悩んできました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…