不登校新聞

525号 2020/3/1

将来の夢は「家で仕事する人」、息子の答えが素敵だと思った理由

2020年02月28日 11:35 by kito-shin

連載「わが家が目指したのはHSCの安心基地」vol.16

 ホームスクール1年目の勉強は、母親である私が家庭教師になりきり、「家庭教師ごっこ」を楽しく取り組みました。

 しかし、2年生になって「かけ算」が登場するあたりから、ごっこ遊びでも、勉強がイヤになってしまいました。

 息子の主体性を奪うことをしないという方針なので、家族で話し合い、教科書に沿った学習にこだわらず、息子の好奇心が湧く学びを大事にして、広げることにしました。

 それでも「やっぱり勉強はできたほうがいいよね」「大学を出ないと可能性が狭まってしまうのでは」と将来への不安が私のなかでよぎりました。

 YouTubeをよく見る息子は、小学校のあとに中学校、高校、大学へ上がることをわかっていて、進学に関する私の質問に対し、「う~ん、大学は行くかもしれない、高校はわかんない」と答えていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

だから私は「子どもの安心基地」をつくっていきたい

526号 2020/3/15

息子が教えてくれたママが自分らしく生きる必要性

524号 2020/2/15

初登園から3カ月後、幼稚園を辞めることにしました

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...