不登校新聞

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

2020年03月13日 12:21 by motegiryoga

 哲学者・教育学者の苫野一徳さん(熊本大学准教授)にお話をうかがった。苫野さんは「教育の本質とはなにか」という問題意識から教育論を発信されている。現在の学校システムの問題点や、苫野さんが目指す教育のかたちについて、お話しいただいた。

* * *

――学校の問題に対して、大勢の人がさまざまな批判をしてきました。しかし問題が多すぎて、私は「結局どうしたらいいのか」と途方に暮れるような思いがしています。

 教育哲学の分野でも、学校への批判が何十年もくり返されてきました。一つひとつの問題を指摘していくことは大事です。

 けれど批判をしたあとで、「ではどうするべきなのか」という根本を、誰も答えられなくなっていたんです。

 議論するとしても、「よい教育とは何か」という原理を押さえておかなければなりません。

 そうでないと、人それぞれの好き嫌いのちがいになりかねないんですよね。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...