不登校新聞

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

2020年03月13日 12:21 by motegiryoga

 哲学者・教育学者の苫野一徳さん(熊本大学准教授)にお話をうかがった。苫野さんは「教育の本質とはなにか」という問題意識から教育論を発信されている。現在の学校システムの問題点や、苫野さんが目指す教育のかたちについて、お話しいただいた。

* * *

――学校の問題に対して、大勢の人がさまざまな批判をしてきました。しかし問題が多すぎて、私は「結局どうしたらいいのか」と途方に暮れるような思いがしています。

 教育哲学の分野でも、学校への批判が何十年もくり返されてきました。一つひとつの問題を指摘していくことは大事です。

 けれど批判をしたあとで、「ではどうするべきなのか」という根本を、誰も答えられなくなっていたんです。

 議論するとしても、「よい教育とは何か」という原理を押さえておかなければなりません。

 そうでないと、人それぞれの好き嫌いのちがいになりかねないんですよね。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...