不登校新聞

526号 2020/3/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

2020年03月13日 12:18 by koguma

 テレビを点ければ、新型コロナウイルスに関することばかり。春休みを控えた今、社会全体が例年以上にザワザワしていると感じているのは私だけではないと思います。

 さて、不登校の子どもたちにとって、春休みはいつもよりほんの少し、肩の力を抜くことができる期間です。

 みんな学校へ行ってないわけですから、「不登校なんて私だけなんじゃないか」と、自分自身を責めることからわずかながら解放されるためです。

自分だけが取り残された

 とはいえ、不登校の子どもすべてが穏やかにすごせているかといえば、そうともかぎりません。3月は、卒業・進学・就職など、人が動き出す時期だからです。

 新1年生向けのランドセルや新社会人に向けたスーツのCMなどを観ていても、「新しいステージへ踏み出す一歩」と言わんばかりのキラキラした雰囲気が漂います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの命を奪った「風の子事件」から見える、現代社会への問い

557号 2021/7/1

他者との「ちがい」から考える、自尊感情を高める教育とは

557号 2021/7/1

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...