不登校新聞

526号 2020/3/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

2020年03月13日 12:18 by koguma

 テレビを点ければ、新型コロナウイルスに関することばかり。春休みを控えた今、社会全体が例年以上にザワザワしていると感じているのは私だけではないと思います。

 さて、不登校の子どもたちにとって、春休みはいつもよりほんの少し、肩の力を抜くことができる期間です。

 みんな学校へ行ってないわけですから、「不登校なんて私だけなんじゃないか」と、自分自身を責めることからわずかながら解放されるためです。

自分だけが取り残された

 とはいえ、不登校の子どもすべてが穏やかにすごせているかといえば、そうともかぎりません。3月は、卒業・進学・就職など、人が動き出す時期だからです。

 新1年生向けのランドセルや新社会人に向けたスーツのCMなどを観ていても、「新しいステージへ踏み出す一歩」と言わんばかりのキラキラした雰囲気が漂います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

「不登校」は心の問題なのか。河合塾講師が考えた末の結論

565号 2021/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...