不登校新聞

526号 2020/3/15

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

2020年04月07日 13:31 by kito-shin

 子どもが学校に行かなくなったとき、ママ友やとご近所との付き合いに悩むことも多いようです。

 ママ友とランチに行っても、話題は子どもの学校や将来の話。聞いているだけでつらかったり、みんなの悩みがうらやましく感じたりして、今までのようにお付き合いするのが難しく感じます。近所の人にも、子どもがずっと家にいるのを知られたくないので会うのを避けるようになったりもするようです。

 私も同じような経験があります。長男はもう大きかったので、ママ友とのことで悩むことはありませんでしたが、長男が精神的に不安定な時期は、大声を出すこともあり、『隣近所に聞こえているのでは?』と気になっていました。長男が物を壊して外に飛び出していった夜、『音が聞こえていたら心配をかけるだろう、もしかしたら迷惑をかけるかもしれない』と、思いきって両隣を訪ねました。

 今起きたことと長男の状態を話し、何かあったときには力を貸してほしいことをお願いしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私には不登校が必要だった」19歳女性がそう思う理由

530号 2020/5/15

「勉強しなきゃ」と焦るわが子に、親がかけてあげるべき言葉

530号 2020/5/15

「生きていていいのかな」経験者が語るひきこもりの本音【書籍紹介】

530号 2020/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...