不登校新聞

526号 2020/3/15

ママ友付き合いがつらいとき、私はこうして乗り切った

2020年03月23日 15:43 by kito-shin

 子どもが学校に行かなくなったとき、ママ友やとご近所との付き合いに悩むことも多いようです。

 ママ友とランチに行っても、話題は子どもの学校や将来の話。聞いているだけでつらかったり、みんなの悩みがうらやましく感じたりして、今までのようにお付き合いするのが難しく感じます。近所の人にも、子どもがずっと家にいるのを知られたくないので会うのを避けるようになったりもするようです。

 私も同じような経験があります。長男はもう大きかったので、ママ友とのことで悩むことはありませんでしたが、長男が精神的に不安定な時期は、大声を出すこともあり、『隣近所に聞こえているのでは?』と気になっていました。長男が物を壊して外に飛び出していった夜、『音が聞こえていたら心配をかけるだろう、もしかしたら迷惑をかけるかもしれない』と、思いきって両隣を訪ねました。

 今起きたことと長男の状態を話し、何かあったときには力を貸してほしいことをお願いしました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「発達障害」の入門書、2人の児童精神科医が簡潔に解説【書籍紹介】

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...