不登校新聞

526号 2020/3/15

「みんなできるのに何でできないの」母に言われたくなかった一言

2020年04月23日 12:30 by kito-shin

 不登校経験者の中山智惠さん(27歳)にお話をうかがった。中学1年から不登校し、おもに母親との関係に苦しんだという。

――不登校の経緯を教えてください。

 中学1年の5月のある日、学校に行こうとしたら涙がとまらなくなりました。理由は今でもよくわかりません。友だちづきあいが苦手ではありましたが、なにか明確な理由もなく、「体が勝手に行かなくなった」という感じでした。

 私は学校には行かなきゃいけないと思っていたので、「なんで私だけ、学校に行けないんだろう」とわけがわからない気持ちでした。小学生のころは、いじめを受けたこともありましたが学校には行っていました。中学ではいじめもないのに、なぜ今なのか、と。

 母親は、無理やりにでも私を学校に行かせようとしていました。「なんでふつうにできないの」「みんなできるのに何でできないの」とよく言われました。私としては、なぜふつうにできないのか、私自身が一番悩んでいたんです。それを母から毎日のように言われるのは、しんどかったですね。「ふつう」ができないということは「親に認められていない」ということでした。その事実が苦しくて、自殺未遂をしたり、リストカットをくり返したりしていました。

――その後、状況が変わるきっかけなどは、あったのでしょうか?

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒2名が語る「通信制高校」の体験談

534号 2020/7/15

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...