不登校新聞

528号 2020/4/15

学校が一斉休校でも「勉強の遅れを気にすることない」と思う記者の言い分

2020年04月14日 14:13 by kito-shin

 連日、新型コロナウイルスが猛威をふるっています。報道によれば、国内で確認された感染者数は、4月9日時点で5000人を超えたとのこと。

 そうしたなか、ゴールデンウィーク明けまで休校する自治体もあれば、通常通りに開校している地域もあるなど、混乱収束のめどは立っていません。

 そこで、この間、私が感じた3つの心配事についてまとめたいと思います。

勉強の遅れ

 3月に学校が一斉休校になったことで、大きな話題になったのが「勉強」です。

 インターネット上でオンライン学習サービスに取り組む各社は一斉に無償提供を始めました。これ自体は非常にニーズがありますし、「勉強したい」という子どもの気持ちに応えるものです。

 ただし、ここで注意すべきは「勉強が遅れてしまう」という理由で始める場合です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「勉強しなきゃ」と焦るわが子に、親がかけてあげるべき言葉

530号 2020/5/15

不登校経験者が選んだ進路とは、安心できる将来のために必要なこと

527号 2020/4/1

不登校のわが子の将来が不安、親が心がけるたった1つのこと

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...