不登校新聞

528号 2020/4/15

死にたい子にと言う「死ぬな」と諭すのが逆効果の理由

2020年04月14日 14:11 by kito-shin


執筆者・さゆりさん

 苦しい気持ちから「死にたい」と口にする不登校の子どもは多い。しかし、その言葉の裏側にある子どもの本音とはなんなのだろうか。不登校経験者のさゆりさんに書いていただいた。

* * *

 「死にたい」 。自分の子どもにそう言われたら、みなさんはどのように答えますか?

 多くの親御さんは「そんなこと言わないで」とか「生きたくても生きられない人がいるんだから、命を大事にしなさい」というふうに、口にするのではないかと思います。

 でも少し待ってください。「死にたい」という言葉の裏には、口にはできていない本当のメッセージがあるんです。少なくとも私の場合はそうでした。そのことについて書きたいと思います。

 私が「死にたい」と本気で思ったことはこれまでに3度あります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...