不登校新聞

528号 2020/4/15

「するよと言いながらしない」不登校の子どもの心の内側

2020年04月14日 14:10 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.28

 今回は「子どもが『やりたい』と言っているのにやらない」をテーマに書きたいと思います。いただいた相談は以下のとおりです。

 「いま現在、息子は高校を休学中ですが、本人は『アルバイトをしたい』と言っています。ところが、いろんな心配事を並べて、無理を言って周囲を困らせるだけで、結局、何もしません。ホントにやる気があるのか、心配なことが多いだけなのか、どういうことを考えているのかわかりません」。

 まず、親の目から見て、子どもは何かしらの行動ができるようなようすでありながらも、実際の行動には移せないということに対するイラ立ちや困惑があるように感じました。

 少なくとも、子どもはそのように悩み考えることができる状態にある、という前提で考えたいと思います。

 「するよと言いながらしない」というケースは不登校にかぎらずいろいろな場面であると思います。

 同じ経験がある方も多いかもしれませんが、私はよく「ダイエットをするよ」と口にすることがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

535号 2020/8/1

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...