不登校新聞

528号 2020/4/15

コロナで一斉休校、僕たちは堂々と不登校でいよう

2020年04月14日 14:16 by kito-shin

 コロナウイルスの影響で学校の休校が続いている。これまでさんざん悪く言われていた「不登校」は、いまや一番安全なすごし方になっている。

 思い起こせば、私が中学校に入ってすぐ不登校になったとき、教員や支援施設の職員から「学校や施設で話を聞かせてほしい」と何度も言われたことがあった。

 私は「電話やメールなら対応します」と言ったのだが、断られた。今だったら、向こうから私が望んだやり方を提案されるだろう。生まれる時代をまちがえたなと思った次第だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめにより中2で不登校、今も残る私を傷つけた一言と支えた一言

567号 2021/12/1

うつ病には日光浴が効果的だけど注意してほしい当事者への配慮

566号 2021/11/15

社会人で経験した挫折。救いになったのは不登校だったときの自分

566号 2021/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...