不登校新聞

529号 2020/5/1

かがり火

2020年04月28日 14:47 by kito-shin

 人にうつさない。人からうつされない。しかも目に見えない。自分が感染しているかもしれないし、そばにいる人が感染しているかもしれない。

 こんな新型コロナの感染予防をどう予防するのか、とても難しいことだ。人と離れるしかないわけだから。

 首相が外出自粛を要請した3月ごろのノートの予定表は「延期」「中止」で×が続いた。4月中旬・下旬になればなんとかなるのかな、と思えてもいた。

 とんでもなかった。いま、東京は緊急事態宣言後2週間、全国的にも発出、東京の感染者は3000人、全国では1万人を超え、世界では200万人を超えている。経済的にも戦後最大の負の影響が懸念されている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...