不登校新聞

529号 2020/5/1

心療内科医がWHOの指摘を要約「子どもにとって心のケアとは」

2020年04月30日 11:15 by kito-shin


参考文献 Mental health and psychosocial considerations during the COVID-19 outbreak

 コロナウイルスの感染が拡大するなか、子どもにとって必要な心のケアとは何か。不登校にも精通している心療内科医・明橋大二さんが、WHOが3月18日に示した「COVIS―19感染爆発中のメンタルヘルスと心理社会的な考慮事項」を要約した。ひとつの基準として本紙にも掲載します。(東京編集局・石井志昂)

* * *

① このウイルスは、すべての国の、あらゆる人が感染する可能性があります。どんな状況にいても感染する可能性は0ではありません。

 ですから、ウイルスを持った人を非難したり、攻撃したりするのではなく、共感と思いやりを持って接しましょう。悪いのは、その人ではなく、ウイルスです。

② テレビやネットなどでくり返し、ネガティブなニュースを見たり聞いたりすると、必要以上に不安になったり、怖くなったりすることがあります。

 そういう場合には、そのような情報に接する機会を最小限にしてください。1日1度か2度で十分です。信頼できる情報源から情報を得るようにしてください(たとえば、厚生労働省のサイトでは常時、情報が更新されています)。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

親のステイホームで家がつらい、「自粛」をめぐる不登校の本音

531号 2020/6/1

緊急事態宣言から1カ月、フリースクールの現状は

530号 2020/5/15

コロナで慌しいなか、家庭で安心してすごすために

529号 2020/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...