不登校新聞

529号 2020/5/1

コロナの感染拡大と不登校への影響

2020年04月30日 11:11 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.29

 今回は、新型コロナウイルスの影響と不登校についてどのように考えるか、という質問をいただきましたので、それについて答えようと思います。

 最近はネットやメディアの世界でも、街中を見渡しても、「自粛」の文字でいっぱいで、胸が締めつけられそうになります。

 誰も好き好んでこの状況を生み出したわけではありません。みずから進んで何かを控えたいと思っているのでもありません。

 もしもそうだとしたら、「コロナ疲れ」などという言葉は生まれないはずです。

 あれほど学校を休みたいと言っていた子たちも、仕事を休みたいと言っていた大人たちでさえも、不安を抱え、耐えることを強いられる生活に疲れているのだと思います。

 つまりは体や心が休めていない状況が広がっているのでしょう。

 思えば、不登校はそんなことの積み重ねです。不登校経験者のエピソードで印象的だったものがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

535号 2020/8/1

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...