不登校新聞

530号 2020/5/15

かがり火

2020年05月15日 11:48 by kito-shin

 新型コロナウイルスの世界的大流行のなか、日本は緊急事態宣言延長によって学校休止もさらに長期化する。

 医療の最前線は、医療崩壊の危機に直面しながらいのちを守る使命感を支えに医師、看護師らが死闘し、老人、おとな、子どもたち、誰もが経験したこともない不安が満ちている。

 不安の先にどんな事態と暮らしがあるのか。各国の識者らは国際関係に分断対立の危機を予測し、国境を超越する人々の共存関係こそ、その危機を克服する力になるという。

 医療に国境はないとの理念や、日本の憲法の世界諸国民への信頼(前文)と戦争放棄(9条)の平和主義こそがその基盤になりうる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...