不登校新聞

530号 2020/5/15

かがり火

2020年05月15日 11:48 by kito-shin

 新型コロナウイルスの世界的大流行のなか、日本は緊急事態宣言延長によって学校休止もさらに長期化する。

 医療の最前線は、医療崩壊の危機に直面しながらいのちを守る使命感を支えに医師、看護師らが死闘し、老人、おとな、子どもたち、誰もが経験したこともない不安が満ちている。

 不安の先にどんな事態と暮らしがあるのか。各国の識者らは国際関係に分断対立の危機を予測し、国境を超越する人々の共存関係こそ、その危機を克服する力になるという。

 医療に国境はないとの理念や、日本の憲法の世界諸国民への信頼(前文)と戦争放棄(9条)の平和主義こそがその基盤になりうる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...