不登校新聞

530号 2020/5/15

緊急事態宣言から1カ月、フリースクールの現状は

2020年05月18日 11:04 by koguma


ネモで実施しているZoomを使った交流のようす

 緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請もあいまって、フリースペースやフリースクールなどでも閉所する団体が多い。この間どういう対応をしてきたのか。子どもたちのようすはどうか。学校外の子どもの居場所を取材した。

* * *

 2月末、北海道は全国に先駆けて緊急事態宣言を出した。札幌市で活動する「フリースクール札幌自由が丘学園」は、2月27日から臨時休校とした。

 3月中旬には卒業式にあたるイベントを例年と比して縮小するかたちで行なったが、新学期が始まる4月以降、臨時休校の措置は5月31日まで延長するという。

 スタッフの新藤理さんは「学習課題のプリント送付したりネットで掲示板を設置して会員である子どもどうしで交流するなどのとり組みを続けている」と話す。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どものストレス反応、親と子どもで認識に大きな開き

537号 2020/9/1

コロナ休校明けに「行きづらい」と感じてる子の心境は

534号 2020/7/15

教育学者・内田良が提唱するwithコロナ時代の教育構想

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...