不登校新聞

530号 2020/5/15

ヤンチャやいじめが理由じゃない、僕の不登校

2020年05月15日 16:35 by kito-shin


不登校経験者 みやもとたかひろさん

 中退や不登校に対する周囲のイメージに違和感を感じるという、みやもとたかひろさん(27歳)。自身の不登校を踏まえながら、その違和感を書いていただいた。

* * *

 「僕、高校で不登校になって、中退してるんですよ」と人に言うと、かならずと言っていいほど驚かれる。

 今の僕にその面影がないのだろう。そして決まって、「ヤンチャしてたの?」、「いじめられてたの?」と聞かれる。

 どちらにもあてはまらないことを伝えるとさらに驚かれる。そして最後には「今は元気になってよかったね」と言われる。

 一応「ありがとうございます」と僕は答えているが、不登校や高校中退に対する世間のイメージは、つまりそういうことだ。

 ヤンチャで問題を起こすとか、いじめられてふさぎこむとか、いずれにしてもマイナスなイメージを持つ人が多い。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...