不登校新聞

530号 2020/5/15

「生きていていいのかな」経験者が語るひきこもりの本音【書籍紹介】

2020年05月15日 16:35 by koguma

 自分なんて、生きていていいのかな――。本書の帯に書かれたその一言は、多くのひきこもり当事者が語る本音だと思います。

 本書はフリージャーナリストの保坂渉さんが4人のひきこもり当事者や経験者を取材したもの。

 いじめで不登校になったことをきっかけにになった者。就職した会社になじめずにひきこもった者。なかには、10年以上ひきこもった者もいれば、ひきこもりを何度かくりかえしている者もいます。

 それぞれが自身の生い立ちを交えながら、またその状態を抜け出すまでの過程の語りを読んでいくと、ひきこもりが持つ多様さにあらためて気づかされます。

 登場人物の一人である雅人さん(仮名)は、小中学校でのいじめが原因で、高校 1年生のときに不登校になります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...