不登校新聞

530号 2020/5/15

「生きていていいのかな」経験者が語るひきこもりの本音【書籍紹介】

2020年05月15日 16:35 by koguma
2020年05月15日 16:35 by koguma

 自分なんて、生きていていいのかな――。本書の帯に書かれたその一言は、多くのひきこもり当事者が語る本音だと思います。

 本書はフリージャーナリストの保坂渉さんが4人のひきこもり当事者や経験者を取材したもの。

 いじめで不登校になったことをきっかけにになった者。就職した会社になじめずにひきこもった者。なかには、10年以上ひきこもった者もいれば、ひきこもりを何度かくりかえしている者もいます。

 それぞれが自身の生い立ちを交えながら、またその状態を抜け出すまでの過程の語りを読んでいくと、ひきこもりが持つ多様さにあらためて気づかされます。

 登場人物の一人である雅人さん(仮名)は、小中学校でのいじめが原因で、高校 1年生のときに不登校になります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…