不登校新聞

530号 2020/5/15

「私には不登校が必要だった」19歳女性がそう思う理由

2020年05月15日 16:31 by motegiryoga

 今回お話をうかがったのは、中学3年生のときに不登校を経験した、あいみさん。学校の何がつらかったのか、苦しいときに気持ちが支えられたのは、どんなことだったのかなどを話していただいた。

* * *

――不登校になったのはいつですか。

 中学校3年生の夏休み明けです。私は東北地方の出身なので、2学期は8月の後半から始まります。

 8月中はふつうに登校できていたのですが、9月になったころから突然、教室に入ることができなくなりました。

 なんとか自分の席に着けた日でも、1時間も座っていられず、逃げるように保健室へ行くことしかできませんでした。

 そして9月もなかばにさしかかったころには、教室には完全に入れなくなり、私は不登校になりました。

 不登校になった理由は複合的なものだと思いますが、一番は同級生、とくに女の子たちとの関係性に疲れてしまったことです。

 私は子どものころから男の子たちと外で遊ぶのが好きで、いっしょにサッカーをしたり、傷だらけになって虫捕りをしたりしていました(笑)。

 そんな子どもだったから、幼稚園のころから「私は周囲から浮いているな」とは感じていました。

 そして小学校では、女の子たちから靴を隠されたり、仲間外れにされるといったことが始まりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...