不登校新聞

531号 2020/6/1

かがり火

2020年05月27日 10:48 by kito-shin

 子どもの抱える不安やストレスにどう向き合っていくかを、あえてコロナ感染症流行の時期に考えてみたい。

 もちろん子どもによっても不安やストレスは異なってくるが、基本的には対応に大きな差はないと思われる。

 大人は不安やストレスに対して、それなりに受けとめ、上手に切り替えたりすることができるが、子どもの場合は切り替えたりすることが難しいこともある。子どものストレス解消には、大人のサポートも必要だ。

 とくに子どもが不登校になったときは、子どもにとっても親にとっても衝撃的な出来事であり、とくに親にとってはどうして学校へ行けないのだと原因を追及しがちになり、なんとか子どもを学校へ行かそうと必死になる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...