不登校新聞

531号 2020/6/1

「自分にあった学び方や働き方を選べる社会」を僕はつくりたい

2020年05月28日 13:04 by kito-shin
2020年05月28日 13:04 by kito-shin


執筆者・渡邊一樹(かずき)さん(ツイッター:@Wkazuki01)

 今回執筆したのは、渡邊一樹さん。小学校で不登校を経験した渡邊さんは、不登校の子どものための居場所をつくりたいという。渡邊さんの今の思いとは。

* * *

 僕には、「子どもたち一人ひとりが自分にあった学び方や働き方を選択できる社会をつくる」という夢があります。

 僕がこの夢を持つきっかけは、小学生のときの不登校経験です。僕は小学2年生のときからたびたび、先生に体罰を受けていました。

 ガマンできなくなり、「学校なんて行ってやるものか!」と反抗して不登校になりました。

 学校へ行かなくなってからは、家にひきこもって一日中ひたすらゲームをしていました。しかし心のなかでは「学校へ行かないと、この先、生きていけなくなってしまうのでは」と、すごく不安でした。

 そんなある日、僕を心配してくれた友だちの紹介で、地元のフリースクールに通うことになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「いっしょにごはん食べないか?」高校3年間の不登校が終わるきっかけは父からのメールだった

596号 2023/2/15

「避難者であることを隠して生きよう」原発いじめに苦しんだ小学生の決断【全文公開】

596号 2023/2/15

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

596号 2023/2/15

昼夜逆転もないし、部屋に閉じこもるわけでもないのに、息子は学校へ行けない――。…

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…