不登校新聞

531号 2020/6/1

「自分にあった学び方や働き方を選べる社会」を僕はつくりたい

2020年05月28日 13:04 by kito-shin


執筆者・渡邊一樹(かずき)さん(ツイッター:@Wkazuki01)

 今回執筆したのは、渡邊一樹さん。小学校で不登校を経験した渡邊さんは、不登校の子どものための居場所をつくりたいという。渡邊さんの今の思いとは。

* * *

 僕には、「子どもたち一人ひとりが自分にあった学び方や働き方を選択できる社会をつくる」という夢があります。

 僕がこの夢を持つきっかけは、小学生のときの不登校経験です。僕は小学2年生のときからたびたび、先生に体罰を受けていました。

 ガマンできなくなり、「学校なんて行ってやるものか!」と反抗して不登校になりました。

 学校へ行かなくなってからは、家にひきこもって一日中ひたすらゲームをしていました。しかし心のなかでは「学校へ行かないと、この先、生きていけなくなってしまうのでは」と、すごく不安でした。

 そんなある日、僕を心配してくれた友だちの紹介で、地元のフリースクールに通うことになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...