不登校新聞

531号 2020/6/1

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

2020年05月28日 12:24 by koguma

 文科省が2015年に発表した実態調査によると、フリースクールなどの民間施設は全国に474カ所あり、およそ4000人が通っています。

 一方で、公立のフリースクールがあることはなかなか知られていないかもしれません。

 それが今回ご紹介する書籍の舞台である「兵庫県立神出学園」です。神戸市西区神出町に全国でも数少ない公立の宿泊型フリースクールとして1994年に誕生しました。

 同学園ではスタッフを「先生」と呼ばずに「さん」づけで呼びます。職員室ではなく「スタッフルーム」、指導ではなく「支援」、活動メニューは「プログラム」と呼ぶなど、学校でよく使われるような呼称は使っていません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...