不登校新聞

531号 2020/6/1

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

2020年05月28日 12:24 by koguma

 文科省が2015年に発表した実態調査によると、フリースクールなどの民間施設は全国に474カ所あり、およそ4000人が通っています。

 一方で、公立のフリースクールがあることはなかなか知られていないかもしれません。

 それが今回ご紹介する書籍の舞台である「兵庫県立神出学園」です。神戸市西区神出町に全国でも数少ない公立の宿泊型フリースクールとして1994年に誕生しました。

 同学園ではスタッフを「先生」と呼ばずに「さん」づけで呼びます。職員室ではなく「スタッフルーム」、指導ではなく「支援」、活動メニューは「プログラム」と呼ぶなど、学校でよく使われるような呼称は使っていません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

578号 2022/5/15

編集後記

578号 2022/5/15

『不登校新聞』のおすすめ

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...