不登校新聞

297号(2010.9.1)

不登校の歴史 第297回

2013年10月15日 17:29 by kito-shin


アイ・メンタルスクール事件


 ひきこもり当事者の手による季刊雑誌「IRIS」は画期的であったが、助成金が3年間で終わり、それに伴い、12号で終刊となった。

 助成金なしでもなんとか継続発行できないかと、編集部でも熱心に検討したが見通しがつかず、2006年3月の発行が最後になった。

 その直後、2006年4月19日、私たちを驚かせた事件が起こった。「アイ・メンタルスクール監禁死事件」である。

 ひきこもりの青年を預かって治す発想の施設は増えてきていた。たいていは、先号で紹介したヒッキーネットのような受けとめる考え方ではなく、ひっぱり出す「引き出し屋」が商売になったとも言える状況があった。このころ親の会では、ひきこもりの青年をもつ親たちが「引き出し屋にまかせてみようか、やめておこうか揺れている」という話が出てきていた。私たちの親の会では、たくさんの経験を積み、考えあってきたテーマでもあっため「頼むのは危険、子どもの気持ちから考えよう」などと話し合ってきた。その結果、親の不安や焦りから「引き出し屋」に足をすくわれかったが、保護者一人で悩んでいる方は、子どもがこのまま外に出ないように思え、不安から勧誘に乗ってしまう状況もあった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...