不登校新聞

297号(2010.9.1)

「若者を支えあう社会へ」福島にて

2013年10月15日 16:07 by kito-shin


 9月20日、福島県にて、家族支援者向けセミナー「若者を支えあう社会へ」が開催される。主催は会津若松市内にあるフリースクール「寺子屋方丈舎」。

 今回のセミナーは、「2010年度福島県若者就労等支援事業(ニート支援事業)」の委託を受け、会津・南会津地域でニート支援事業を実施するというもの。

 フリースクール「寺子屋方丈舎」が中心となって、「若者こそ元気になる・地域のチカラになる」をテーマに、若者が積極的に地域に参画できるよう支援することを目指していく。今年度は支援者向けセミナー、保護者向けセミナーのほか、ジョブトレーニングなどの事業を展開していく。

 9月20日のセミナーでは、講師に湯浅誠さん(反貧困ネットワーク事務局長)を招く。若者の就労・貧困問題についても積極的に活動を展開している湯浅誠さんの話をもとに、若者の困難を理解したうえで、いかに周囲がサポートするかという点について、考え深める予定だ。

 そのほか、昨年から地域と若者との協働事業としてすでに始まっている「寺子屋方丈舎」の「梨プロジェクト」の紹介もある。詳細は上記を参照のうえ、お問い合わせを。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...